2018年01月04日

凶兆インシデント

むむむむむむ、チンタマの無い寺田心は今は男のつもりでいるが、極めて不自然であり世人にとってキモイことこの上ない。したがって寺田心は女の子になるしかない。男のフリをしても本人にとってマイナスとなろう。精子を持っていない者は男ではない、自分の遺伝子を持つ子どもをつくることができないのだから、あの【偉大なるおっちゃん】の模倣、便乗などできるものではない。とにかくテレビ局が異常なほど寺田心に執着するのには片腹が痛い。本物の子どもを使おうとしないことからして奴等が何を考えているか推察できるだろう。


■【偉大なるおっちゃん】の本物の子ども(男児)を擁立するようなテレビ局(読売以外)はないのか、おい。秋高横校創価学会推しの寺田心VS【偉大なるおっちゃん】の本物の子ども(男児)の構図にもっていきたいもんだのう。



 


「ボク寺田は、チンコがないんで立ちションができないんでしゅ。かくれんぼができないよりも立ちションができないのが面白くないでしゅ、残念でしゅ。ヒャッ、ヒャッーー」

posted by tokugai at 02:00| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月02日

制御不能インシデント

昔々その昔、誰も憲法改正論議に踏み込めなかったところに私が憲法改正を切り出した手前、私の憲法の主旨とはどういうものなのかというのを開陳したいと思う。安倍晋三と菅義ひではわきまえることだ。つまりおたくらがやれる事案ではないということだ。 天皇(男系)・皇室の永劫存立と日本臣民の国家運営従事(修理固成)義務が眼目である。これに尽きる。これを明文化しないというのはありえない。 ■憲法改正する内閣総理大臣は正極高校群の者でないと辻褄が合わない。安倍晋三は成蹊という第3極なのでうまぐね。実は成蹊高校出身にろくでもねえ人物がいるため非常に印象が悪い。官房長官の菅義ひでも創価高校という第3極で正鵠を射ない者だ。消費税(売り上げ税)も秋田では私が考案したことになっているわけで財務省は大臣・事務次官とも正極高校群の者が任ぜられるのが正着かと思われる。今、大学付属高校(第3極)出身の麻生がやっているが解任が正着だ。およそ文商ヤクザの二大巨頭のマスコミ読売とマスコミ朝日は正極高校群を警戒、忌避しているのは明らかである。スポーツ界とか芸能界に押しやられ左遷的な待遇を強いられるているようなもんではないか?そもそも正極高校群には男の甲斐性のあるもんがいないせいかもしれんが、なんともならん。


 


 



「イェ〜イ!ボクだけ巨人だーい。大嫌いな三人には負けましぇんよ〜。ひとり目だって読売からボクだけ仕事もらうぞ〜。 ドヤッ、ドャッ!」ドヤ顔の寺田心であった。


アンチジャイアンツの【偉大なるおっちゃん】に完全反抗志向の読売ユニホームを着た寺田心であった。「なんとも寺田心は気にいらん餓鬼だ。甲斐性のないお笑いタレント連中ども、テレビ局関係者は寺田心にこの私に嫌われていることを教えてやれよ、おい。」と【偉大なるおっちゃん】ははき捨てた。「ごめんなさい、こめんなさい。【偉大なるおっちゃん】が巨人は嫌いだということを知っててボクはやったんでしゅ。戦国時代なら殺処分されてもしかたがないでしゅね。それではみなしゃん、さよう〜なら〜」と寺田心は本心をさらけ出したのであった。

posted by tokugai at 17:58| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

【識堂得凱派の2018年正月三が日】

【識堂得凱派の2018年正月三が日】

2018年正月三が日の音楽は「識堂得凱派のテーマ」を聴くことにしようではないか諸君。

そして本年は私の干支・戌年でもあり特別な年でもある。書初めは「多元動運」でよろしゅう。

識堂得凱派諸君のご多幸を祈念する。
posted by tokugai at 03:17| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月31日

MGKインシデント

むむむむむむ、チンタマの無い寺田心は今は男のつもりでいるが、極めて不自然であり世人にとってキモイことこの上ない。したがって寺田心は女の子になるしかない。男のフリをしても本人にとってマイナスとなろう。精子を持っていない者は男ではない、自分の遺伝子を持つ子どもをつくることができないのだから、あの【偉大なるおっちゃん】の模倣、便乗などできるものではない。とにかくテレビ局が異常なほど寺田心に執着するのには片腹が痛い。本物の子どもを使おうとしないことからして奴等が何を考えているか推察できるだろう。


■【偉大なるおっちゃん】の本物の子ども(男児)を擁立するようなテレビ局(読売以外)はないのか、おい。秋高横校創価学会推しの寺田心VS【偉大なるおっちゃん】の本物の子ども(男児)の構図にもっていきたいもんだのう。



 


「ボク寺田は、チンコがないんで立ちションができないんでしゅ。かくれんぼができないよりも立ちションができないのが面白くないでしゅ、残念でしゅ。ヒャッ、ヒャッーー」

posted by tokugai at 03:06| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

片腹痛いわい

むむむむむむ、チンタマの無い寺田心は今は男のつもりでいるが、極めて不自然であり世人にとってキモイことこの上ない。したがって寺田心は女の子になるしかない。男のフリをしても本人にとってマイナスとなろう。精子を持っていない者は男ではない、自分の遺伝子を持つ子どもをつくることができないのだから、あの【偉大なるおっちゃん】の模倣、便乗などできるものではない。とにかくテレビ局が異常なほど寺田心に執着するのには片腹が痛い。本物の子どもを使おうとしないことからして奴等が何を考えているか推察できるだろう。


■【偉大なるおっちゃん】の本物の子ども(男児)を擁立するようなテレビ局(読売以外)はないのか、おい。秋高横校創価学会推しの寺田心VS【偉大なるおっちゃん】の本物の子ども(男児)の構図にもっていきたいもんだのう。



 


「ボク寺田は、チンコがないんで立ちションができないんでしゅ。かくれんぼができないよりも立ちションができないのが面白くないでしゅ、残念でしゅ。ヒャッ、ヒャッーー」

posted by tokugai at 08:31| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

今年を振り返って


■いまはなき雌猫のトッキー(享年8才10月)。2017年3月に他界。みんなでお祈りしてください――合掌。
posted by tokugai at 12:26| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月28日

ブラックホール誕生


 

「ボク寺田は、チンコがないんで立ちションができないんでしゅ。かくれんぼができないよりも立ちションができないのが面白くないでしゅ、残念でしゅ。ヒャッ、ヒャッーー」



いいんでしゅか、ボク巨人ファンでしゅよ。↑↑↑



CM監督「いいんだよ、いいんだよ、私はヤクルトスワローズファンだからー。いいんだよ、いいんだよ、私は巨人は嫌いだから」




ボクは目覚めましたでしゅ! 
公共電波にボクの黴菌をのせてひろめてあげます。巨人ファンと読売ジャイアンツの選手監督コーチは黴菌を摂取してショボショボになってください。とにかく読売ジャイアンツと秋高横高創価学会の「運」をムシャムシャ喰いまくってショボくしてあげたいでしゅ。ショボショボマシュー!!!




ボクは読売の墓標、ブラックホールとして生まれてきました。おめでとうごさいましゅー!

posted by tokugai at 12:43| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

フランス・ラ・サールは悪魔か

NHK会長・フランス・ラ・サールは受信料値下げを拒絶しやがった。NHK会長・フランス・ラ・サールは何しに日本に来たのか?フランスに帰れ、アホ。月270円程度で十分というもんだろ。本来無料タダにするのが良心的だ。それができないのが「ぼったくりNHK」の真骨頂なのだろう。80%徴収しているらしいが視聴率が80%かと思いきや、な、な、なんとほとんどの番組がのきなみヒトケタ台である。どういう意味なのかさっぱりわからない。譬えるなら100円で仕入れた物を10000円で押し売りするようなもんだろ。■妖魔・魔天狗・悪鬼が魔界に引きずりこもうとあの手この手で騙すように、マスコミ芸能界も全く同じである。例えば詐欺師が投資などで芸能人を広告塔にして金を集めるように、マスコミもスポーツとかお笑い芸人とかアナウンサー等、正極高校群の者を広告塔にして民集をたぶらかしているのが真実である。なにゆえこのような事相となっているのか。それは理由はただひとつ、この私が「正極の神」ということになっているからであーる。「正極高校群の神」ではない。正極高校群は「正極の神」に付随するだけのものだからであーる。じゃ、よろしゅう。

「ボク寺田は、チンコがないんで立ちションができないんでしゅ。かくれんぼができないよりも立ちションができないのが面白くないでしゅ、残念でしゅ。ヒャッ、ヒャッーー」

posted by tokugai at 04:42| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする