2018年09月06日

第二弾・真実の扉


■我輩を頼みの神としながら、本荘高校人々は何を考えているのか、不信感を覚える。国会議員村岡兼造が東京小石川高校出身であるにもかかわらず、選挙パンフレットに本荘高校卒業と明記してあったのを誰も咎めることなく野放図にしたのは我輩と全国民の半分くらいに極めて不利益をもたらしたというほかはない。村岡は我輩を敵視する妙智会と親密だという情報がある。
教育上は、村岡は秋田高校寄りの私立慶應であったため幾分影響したかもしれん。国会議員も総理大臣が国立大から私立大学勢力が幅を利かせるようになってしまった。これからしてまんまと罠にはめられたという印象は拭い去れない。
posted by tokugai at 08:46| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: