2018年09月21日

不望の世界

[不望の世界]
芸能界は神の影としての表現であり偽装である。例えば私という神を意識して私という顔に着目し似たような者が、あるいは似せようとする者があとをたたないようだ。神である私からすればマスコミ芸能界は心情寄生体・❴影傷体❵でしかない。このマスコミ芸能界という世界は決して神が望んでできた世界ではないはずだ。魔は天使や菩薩に化けて人間を誘惑して魔界に引きずり込もうとするものだ。人間は神の顔など誰も知らんのであって、魔が僕が神だといってくれば信じてしまうだろ。ともあれマスコミ芸能界の支配者側の意向、意思を汲みとり自分は騙されていたことに早く気がつくことだ。
posted by tokugai at 08:15| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: