2017年07月13日

読売の死命を制す

かつての地方紙読売が勢力拡大したのは本荘由利の影響によるものであると断言できる。というかこの私「神伝子超人」(←なんじゃそりゃ、きいたことがない)の存在が読売の台頭の契機となったといえる。読売を譬えるなら「ヤマビル」という奇生体である。読売の正体が周知されるなら死に絶えることになるだろう。この私「神伝子超人」を恐れるあまり読売は毎日にとってかわるがごとくへばりついてきたのである。読売が秋田高校横手高校とつるんでいるのは火を見るよりも明らかであろう。このため朝日と毎日のバランスは大きく崩れたのである。国大権力に読売が入り込む余地はないだろ。誰がこれを望んだのか、毎日を本荘由利から切り離したい秋田高校横手高校の思惑によるものであるとしかいいようがないのだ。この私「神伝子超人」の影響力を人はしらなければならんだろう。すなわちそれは、この私「神伝子超人」が読売の死命を制する者だということを認識することなのだ。嘘だと思うかね。読売はヤクザ脳だから私の言うことなどおかまいなしにごり押しでくるだろう。気をつけてもらいたい。じゃ、よろしゅう。
posted by tokugai at 05:55| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月12日

本荘由利の歴史を学ぼう

米どころ本荘由利の中核都市、本荘市。その歴史は古く、古代には大和朝廷の由利の柵があったとされている。  平安、鎌倉の時代をへて、由利十二頭といわれる戦国ののに終わりを告げる頃、由利一円は最上氏の所領になった。  最上氏の家臣本城豊前守満茂が尾崎山に城を築き城下町を開いたのは慶長17年(1612)のことだった。10年後に最上氏がお家騒動で改易となったため(徳川秀忠の指示か)、それに代わり六郷氏が領主となった。以後明治になるまで江戸期の安定した暮らしが続いた。  昭和29年本荘町は周辺の6村と合併して本荘市として誕生した。


;戊辰戦争における本荘藩



幕末の本荘藩には、服部平右衛門がいました。
服部は勤王派で、彼の意見により本荘藩だけでなく、久保田藩も奥羽越列藩同盟を破棄し、官軍側に寝返ったそうです。
服部はその功績により、従四位が与えられました。
yurihonzyou_041.jpg

本荘は庄内藩に攻められ敗北し、本荘城を自焼し、久保田城へ撤退しました。
本荘城には勤王碑が建っていて、本荘で戦死した66人の官軍側の藩士の名前が刻まれています。


 

posted by tokugai at 15:35| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝日と毎日の関係

私は功名心とか虚栄心とか偉ぶりたいとか、とにかく凄い私を訴えたいわけで書いているわけではないのでございます。私の影響力によって世の中が動いていることを知らずにいる人々が不憫でならないという気持ちがそうさせているのでありまして全く他意はございません。

さて、

毎日新聞は朝日新聞よりも先輩なわけだが、両者の関係というもんがよくわからん。力学的に朝日が毎日を圧倒しているが、両者には主従関係なようものが生じてきているように思われる。毎日のテリトリーを朝日が横取りするような傾向が見られるのではないか?世間のマスコミ依存体質がメディア支配につながっている。大学・学閥を中心にマスコミテリトリーが形成されてきたが、マスコミにテリトリーがあっていいものなのか、かつての地方紙読売が勢力拡大したのは本荘由利の影響によるものであると断言できる。毎日にとってかわるがごとくへばりついてきたのである。このため朝日と毎日のバランスは大きく崩れたのだ。国大権力に読売が入り込む余地はないだろ。誰がこれを望んだのか、毎日を本荘由利から切り離したい秋田高校横手高校の思惑によるものであるとしかいいようがないのだ。――つづく。
posted by tokugai at 08:49| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

騒乱罪適用レベル

安倍晋三を詰ますつもりでやっているんだろうが、これが詰まずに何事もなかったかのように流れてしまったら、どう責任をとるのか?騒乱罪適用レベルやろ。別の目的があって、それが達成されたからこの一件はだらだらと済ませるのかもしれん。ただ騒いで終了のシナリオか。マスコミが視聴率を稼ぐ絶好のネタにもなつたし、誰も損はしないどころか、メディアが得したんじゃないのか?ふつう総理の身代わりとして官房長官が責任をとるような形になるもんだが、下っ端連中の首を挿げ替える内閣改造で一息いれようとしているが菅を辞めさせる気もないメディアは世人を舐めきっている。朝日は菅義井のクビを斬れ。どうやらこの落としどころは加計獣医学部不認可で終息することのようだ。
posted by tokugai at 03:29| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

いいものタフブランド

◇クリック◇⇒■いいものショッピング■
■いいものタフブランド■
■みゅーじっくドリーム■

 









■ヤフーポイント寄付■


 


■安倍晋三を詰ますつもりでやっているんだろうが、これが詰まずに何事もなかったかのように流れてしまったら、どう責任をとるのか?騒乱罪適用レベルやろ。マスコミが視聴率を稼ぐ絶好のネタにもなつたし、誰も損はしないどころか、メディアが得したんじゃないのか?内閣改造で一息いれようとしているが菅を辞めさせる気もないメディアは世人を舐めきっている。じゃ、よろしゅう。
posted by tokugai at 08:37| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

新・将棋「3点5次元将棋」を考案

このたび新・将棋を考案したことを発表する。とはいっても新しい駒を創造しただけだが、それは「跳鳥(ちょうちょう)」というもので、桂馬という駒は前方に一目飛び越して斜め右または左に進む。他の駒を跳び越すことができる駒だが、これを後ろと右横・左横の四方に進めるようにしたものである。駒は二個の場合は位置は銀の上から始める。一個なら王の上に置く。どっちがいいか不明。桂馬の代わりに跳鳥にするという手もあるが、桂馬が気の毒なのでそうはしないことにした。この将棋はデータがないのでコンピューターもかなわんだろ。どんなもんでやっしゃろ?■升田幸三は囲碁は二次元、将棋は三次元と解析したが、私が改良した将棋は3点5次元?かもしんない。とりあえず、やってみい。←おもしぇべ。
posted by tokugai at 11:34| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

マスコミ政治による日本社会の損失

政治家に偉大なる男が出現しないのはどういう理由からなのだろうか?自民党にしてもマスコミに振り回されるだけで弱点だらけの無能集団と化している。創価学会公明党といっしょだからなのか?そもそも公明党と与党というのは奇奇怪怪な話である。すべては村岡兼造(慶応大学)が東京小石川卒であるにもかかわらず本荘を詐称したことにあるといっても過言ではない。これで歯車が完全に狂ってしまい、日本社会は混迷を深めることとなった。そもそも誰もその件について私に教えることもなく、マスコミも知らぬふりして黙っていたから、3、40年の損失は計り知れない。村岡はなぜか小泉を支持するとやらで当時の橋本派を離れていったのも奇奇怪怪な話であった。これより小泉純一郎がマスコミの支持を得て躍進することになる。その手下である小池百合子が都知事の椅子を強奪し、公明党と組んで都議会をも制圧するにいたった。そもそも自民党は公明党が東京において協力関係を断ったにもかかわらず、国政ではいまだに手をきれずにいるのは全くの愚鈍ぐどんである。■魔天狗マスコミは私の系統の者を極度に嫌い避ける傾向があることを知れば、今の政治家権力が魔天狗マスコミの身内だけで回っていることに気づくだろう。奮起を促したい。じゃ、よろしゅう。
posted by tokugai at 09:12| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

いんたれすとランチャー

◇クリック◇⇒■いいものショッピング■
■いんたれすとランチャー■

■みゅーじっくドリーム■

 









■ヤフーポイント寄付■



■東京はオワッター、小池百合子じゃうまくいかんだろ。マスコミコントロールはもうもたなくなってきている。通用しない時代に入った。
じゃ、よろしゅう。
posted by tokugai at 05:47| Comment(0) | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

神伝子一代記

「神伝子」とは神の遺伝子という意味だが、人はみな神の遺伝子がインプットされているわけだが、特にその「神威」現した者をいっている。私などは、特別突出した子供でもなんでもなかったが、意識的に爪を隠していたわけでもなかったわけだが、今思えば大人たちに注目されていた存在だったんだなあ〜と思うのである。いまさらどうともならんが、生きているからにはもがき苦しむことが重要なのかもしれん。神武天皇以来その子孫は日本国中に根を張っている。第56代清和天皇より派生したり子孫には源義家、為朝、頼光等、神通力を発揮した人物が出た。神の遺伝子が宿っていたというほかはない。■魔天狗マスコミは私の系統の者を極度に嫌い避ける傾向があることを知れば、今の政治家権力が魔天狗マスコミの身内だけで回っていることに気づくだろう。私の系統の者とは端的にいえば「同調人間」という意味である。同調人間はかなり頭の良い男が多い。それゆえにマスコミが恐れ警戒するところである。未曾有の人間?である私について妙智会・創価学会等の詭計団体が情報収集してNHKなどメディアに入れ知恵してきたとしか思えんのである。これほど徹底マークされてきた凄い私だが「魔網」をズタズタに破り裂くのは時間の問題である。これほど凄い私にとってストレスなのは面識もない者が私の名を騙るにも似た行動をとる、金儲けしたり名利を得ようとしたりする輩がいることなのだ。やめてもらいたい。■かつての地方紙読売が勢力拡大したのは本荘由利の影響によるものであると断言できる。というかこの私「神伝子超人」(←なんじゃそりゃ、きいたことがない)の存在が読売の台頭の契機となったといえる。読売を譬えるなら「ヤマビル」という奇生体である。読売の正体が周知されるなら死に絶えることになるだろう。この私「神伝子超人」を恐れるあまり読売は毎日にとってかわるがごとくへばりついてきたのである。読売が秋田高校横手高校とつるんでいるのは火を見るよりも明らかであろう。このため朝日と毎日のバランスは大きく崩れたのである。国大権力に読売が入り込む余地はないだろ。誰がこれを望んだのか、毎日を本荘由利から切り離したい秋田高校横手高校の思惑によるものであるとしかいいようがないのだ。この私「神伝子超人」の影響力を人はしらなければならん。すなわちそれは、この私「神伝子超人」が読売の死命を制する者だということを認識することなのだ。嘘だと思うかね。読売はヤクザ脳だから私の言うことなどおかまいなしにごり押しでくるだろう。気をつけてもらいたい。
posted by tokugai at 05:50| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

新・元号

いよいよ「平成」も残り少ないことになってまいりました。私が考えた新しい元号は「日安(にちあん)」である。日本安泰に依っておりまする。

なんでも明治のM、昭和のS、大正のT、平成のHとアルファベットがだぶらないよう配慮されているということだが、「N」がいいかもしれん?候補はあ行、な行、ら行?
posted by tokugai at 08:34| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする