2018年03月22日

運魂減殺の闇活

【運魂減殺の闇活】
私は神的存在である。県立高校出身で世界に広く影響を与えてきた。[魔]の激攻を受けるのもやむなしである。大学附属高校が私を頼りの源となるといささかテリトリーの侵害に近いものがある。私の運魂が引っ張られ弱体化に繋がっているふうにも見える。主たる正極高校群に潤いがなくなるのではないかと憂慮している。例えば東大進学校である本荘高校をマネして早稲田系列が東大を目指すようになっているが、昔はありえないことだ。これは負極高校群主流のメディアなどの策謀が働いているともいえるだろう。
posted by tokugai at 09:19| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

東大信仰

【東大信仰】
日本民の東大信仰の根深さからして、私立の早稲田大学慶應義塾大学などは相手にされないというのが真実であろう。だから、内閣総理大臣といえどもたとえ正極高校群の者がその座を勝ち取るとしても例えば橋本が慶應、竹下が早稲田、と全然怖くないのが重用され、なかなか東大出身が成し遂げるのは困難な事案となっていると言ってもいいだろう。
posted by tokugai at 07:47| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

高校事案

【高校事案】
小生の[高校・桜三国志]は日本社会の主軸、基準となる論証である。奴等・負極高校群の意識を探れば、正極高校群の者は避け第3極・大学附属高校に代用させるのが最善と考えている としか思えんのである。大学とは両極高校の合流点ゆえにその大学に附随する高校などは半陰陽のようなものだろう。重要なことは県立・府立・都立が核心なわけであり私立に主導権があるわけではないのである。が、肝心要なことは、学校とは関係なくいかにこの私に尽力、貢献するかである。じゃ、よろしゅう。
posted by tokugai at 09:17| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

大学事案

【大学事案】
小生が高校進学にあたって入れ替わって大学合格した先輩が東北大学になんと21人合格するという快事があった。これはちょっと小生のおかげなんじゃないかと広く知らしめたものである。これを信じた者は少なくなかったといってもいいだろう。秋田さきがけとか秋田高校、その他だ。と、と、ところが実際は小生ではなく、中学同期で1、2を争う秀才であった匕ロシのおかげだという可能性が高くなった。彼は東北大学薬学部に進学している。彼は慶應義塾工学部にもうかっているのだ。だからあまり小生とは関係はないということが判明したので厶キになってどうすんの?〜といいたい。タッハハハ
posted by tokugai at 09:00| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

善化進変

【善化進変】
もとより他人の話をきいて鵜のみにするよりも、本人である私の電子本やブログを読むほうが信憑性があるというもんだろ。 
時間とともに物の見方が変わったり、新事実を知ったりするわけで、固定的概念・観念にとらわられては、過去・現在・未来、無駄に過ごすだけでしかない。
posted by tokugai at 10:54| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

万有流転

もとより他人の話をきいて鵜のみにするよりも、本人である私の電子本やブログを読むほうが信憑性があるというもんだろ。 
時間とともに物の見方が変わったり、新事実を知ったりするわけで、固定的概念・観念にとらわられては、過去・現在・未来、無駄に過ごすだけでしかない。
posted by tokugai at 09:25| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月11日

【画龍点睛を為す】の記

【画龍点睛を為す】の記

東京大学ボート部に由来する本荘ボートだが、秋田さきがけ秋田高校の方がよっぽど拘っているのが皮肉である。私の見解としては、東大と本荘高校との浅からぬ絆、厳密には本高というよりは私個人との結びに関係する事案であると推定する。すなわち、東大は私に離反すればろくな事がない、
私に拠らなければ立ち行かなくなる性質を内包しているのではないかと私は観測している。


さてさて秋田高校負極高校群の奥にいる魔天狗(仮称)がいかに私を嫌っているか認識しなければならない。国会議員村岡兼造がプロフィールに東京小石川高校卒をごまかして本荘高校卒にしたのはこの私を貶める計略でしかなかった。何年も知らなかった私がアホだといわれても仕方がないが、とにかく誰も教えないし、情報も漏れてこなかった。ようやく30年以上も経って新潮フォーカスで発覚した次第であった。村岡は慶應大学出身で本荘とは疎遠な、秋田高校寄りの大学ともいえ本当にあきれたウツケ
政治家であった。これは大学進学競争でも秋田高校に優位になってしまう人材活用でしかなかったといえるだろう。とにかく村岡のおかげで秋田県立大学誘致に首を突っ込んでしまい、私は大損被害者となり首が痛いのにはまいっている。半生を振り返ってとんでもねえ罠に嵌まってしまったもんだと、とてつもなくがっかりしている今日この頃である。
posted by tokugai at 10:38| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

メディアスポーツの闇

フィギュアスケートなどの採点種目は疑心暗鬼な側面を持ちスッキリしない。審査員の感情移入もあるのも免れないだろう。

これからは「AI」に採点してもらうしかないと思う。カーリングは10エンドは長い。6、7エンド程度でいい。スキージャンプはノーマルとラージと二種目やる必要性を感じない。中間をとったミドルヒル?ジャンプひとつでいい。そして転んでばかりのショートトラックは非常に良くない。競技そのものを廃止したほうがいい。じゃ、よろしゅう。
posted by tokugai at 12:54| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

独神伝説

私は「神?」としてこの世に降臨?した者である。幼少の頃より妖魔・魔天狗・悪鬼に目をつけられていたといってもいいだろう。常に奴等は私を凝視している。

まさに奴等の呪いとの戦いでもあった。戦後日本の実情からして正常な活動はできないというのが現実で奴等の攻撃をかわしつつ私は存在感をしめしてきた。妖魔・魔天狗・悪鬼から霊的防衛すべく「退魔官・正天狗・善鬼」が仕事しないで誰が仕事するというのか。私は奴等から退魔官と視られているようだ。退魔官は戦う者である。それゆえスポーツにも因縁づけられガンガンメディアによって誤った方向へ流されている。しかし私が退魔官と思いきや学術界にも信仰されている事情からしてこれはちょっと違うぞということになった。そこで私はうまいキャッチフレーズを思いついた。「ひとつの霊団の総帥」ということに落ち着くことになった次第である。←――以上想像。■男は敵を持ちそれに対峙する宿命を負っている。だが、何が敵で味方なのかわからない者が少なくなくないようだ。正極高校群にラ・サールとか上智とかのミッションスクールが目立つような気がしてならんがいまいちなじめないものがある。公立(県立・府立・都立)が核心である以上、私立との結びつきが勢力的結束の鍵を握るといえるだろう。私立人間の薄さを懸念せざるを得ない。とはいっても学校組織・ブランドよりも個人の能力・人間観が優先されるべきものであろう。すべては私にとって甲斐性のある者であるかどうかということである。
posted by tokugai at 15:33| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする