2017年06月26日

寒いぞ

とにかく6月の夏に入っても寒いのにはまいる。さすがにストーブはしまったままだが、暖をとりたくなるほどしんどい思いだ。どうみても異常だ。ポールシフトに関係しているのか?あるいは黒魔術・妖術のたぐいなのか?だとしたらこんどは暑さ攻撃でくるだろうな。暑さと寒さでへばるわい。とにかく今はわしはこの寒さには怒りを覚えるくらい、いいかげんにしろよと破壊的になりそうだ。とにかく寒いのにはまいっている。
posted by tokugai at 08:34| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

影流とは

影流とは、敵である相手の力と同化吸収して自分のものにするために、影の如く寄り添いへばりついて、ついには相手の寝首をかいて終息するという戦術である。これは自分より格上の者に対して用いるものである。
posted by tokugai at 10:38| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本荘由利のゴルフ衰亡に呆然

今日、5,6年ぶりにゴルフの球飛ばしにでかけてみた。久しぶりなのでうまく球が飛ばない。ガタガタやんけ。ブランクを感じさせられた。

ふと横を見たら……な、な、なんだ……ソーラーパネル?ようなものが見えた。この練習場の隣は鳥海ゴルフ場だったが……。

あれれれの、れ〜!!!見わたすかぎりソーラーパネルがズラッーと並んでいるじゃん。「閉鎖」にどんびきしたわい。

家に帰ってネットを見ると岩城のゴルフ場も2014年に閉鎖したととあつた。本荘由利のゴルフ衰亡に呆然とした次第。
posted by tokugai at 03:03| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

ディフィカルトゴルフを考案

「射的道」「エボリューション・フットボール」「両手卓球」に続く【テキトー・スポーツ】シリーズ第4弾として我輩は「ディフィカルトゴルフ」なるものを考案したことを発表する。ざっと説明するとドライバーなどウッド、アイアンを右用を使ったとすると、パターは左用を使わなければならないのがポイントである。18ホールでなく14ホールだが、通常パー5のところをパー4、パー4のところをパー3設定にされパーがとりにくくなる極めて難しい設定ゴルフだということだ。これで大会なんかを開催してもらいたいもんじゃみん。じゃ、よろしゅう。
posted by tokugai at 04:38| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

両手卓球

我輩は、「両手卓球」なるもの考案したことを発表する。両手にラケットを持ってやる卓球でとにかく右でも左でも打ち返すことが

できれば有利なわけで非常に脳にも良いと考えるのである。ポイントは必ず右左交互に使わなければならないということだ。右だけつかっているのでは意味がない。これほど面白い?スポーツを普及させないわけにはいかんだろう。

じゃ、よろしゅう。
posted by tokugai at 08:30| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

詭計者集団からの仙種防衛

安倍晋三の派閥「清和政策研究会」のいわれ、出典は、東晋の元帝が詔で諸葛恢の統治を「政清人和(清廉な政治でおのずから人民を穏やかにした)」によるものだということだが、清和源氏と勘違いするかもしれんので、これはやめて「政人会」か「政清会」が良かったと考える。「清和会」は誰がきいても違和感を覚えるだろう。徳川家康と同様の「詭計者集団」にしかみえ〜んよ。やめてもらいたい。わたしは秋田県では「伝の天皇」とみられている。……むむむむっ何?、誰もいってない……。気のせいか……。「神の遺伝子」が私の中に目覚めたというか、生きているというか、不可思議な力を有する存在として影響を及ぼしているのは知る者ぞ知るところでござろう。「神の遺伝子」とは「超霊力」といったらいいだろうか。これは「神の遺伝子」ではあるが、子々孫々、発動するしいわけでもないようだ。隔世的に、それは千年の時を経て覚醒するものなのかもしれない。片鱗でしかないだろうが、わたしというもんがなんなのか考えてもらうのはうれぴいかも。ともあれ、魔眼をぎらつかせ右往左往する輩が少なくない世の中で、蛍のような光を放つ存在でも「奇跡」に感じうるだろう。
posted by tokugai at 06:06| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

詭計者集団

安倍晋三の派閥「清和政策研究会」のいわれ、出典は、東晋の元帝が詔で諸葛恢の統治を「政清人和(清廉な政治でおのずから人民を穏やかにした)」によるものだということだが、清和源氏と勘違いするかもしれんので、これはやめて「政人会」か「政清会」が良かったと考える。「清和会」は誰がきいても違和感を覚えるだろう。徳川家康と同様の「詭計者集団」にしかみえ〜んよ。
posted by tokugai at 13:22| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

権力を取り締まる

権力者を取り締まるのは警察なのかマスコミなのか、市民団体なのか。

例えば総理大臣の不正、不祥事、犯罪などは誰がどうやって取り締まるのか。

マスコミに操られるような首相、マスコミに諂う首相では

悪事を暴くというのは困難だろう。特別検察官制度がないため権力は民意から遠ざかるだけであろん。■加計と森友の件は総理の権限なのか職権濫用なのか、なんなのか。
posted by tokugai at 09:42| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

小泉系の掃討を希望

所詮安倍晋三も小泉純一郎一派の飼い犬にすぎないのだろう。小池百合子、石原慎太郎、菅義偉等小泉系には終止符を打たなければ面白くない。とにかく小泉はテレビ朝日などのメディアの支援を受けていたのが如実にわかるだろう。以前にもいったようにテレビ朝日・秋高横校創価学会などは「打倒わし」をスローガンに命の炎を燃やしているくらいなのである。とにかく奴等はわしの営業妨害に一生懸命なのは誰にでもわかるだろう。なにかと口先だけで押し通すマスコミだが、残念ながら口先よりもお金の具合ですべてが透けて見えてしまうというものだ。口先で金を払ったつもりでいるのか?頭がおかしいとしかいいようがない。読売はとうとう墓穴を掘った。読売は加計学園の件で安倍晋三を擁護するために麻布高校(前川事務次官)を人格攻撃したが、これが致命的失態でなくてなんなのか。化けの皮が剥げちまって読売巨人軍の立つ瀬がなくなってしまったのがとっても嬉しい。ともあれマスコミはわしに挨拶もしないし、ましてや金も払わんのだから詐欺師と同じである。じゃ、よろしゅう。
posted by tokugai at 14:49| Comment(0) | コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする